記憶に残る時事情報
HOME > 記憶に残るスポーツ時事ネタ

記憶に残るスポーツ時事ネタ

スポーツに関しては常に話題が飛び交っているのではないだろうか。 さまざまなスポーツがあるが、今話題なのはやはり野球だろう。 松井秀喜は巨人からヤンキースに移籍し、はえあるデビュー戦でみごと満塁本塁打を獲得した。 日本では水泳の世界選手権で北島康介が世界新記録をだし、かなりの大盛況となった。 スポーツで業界では、他の種目もまだまだ頑張ってほしい物だ。

大リーガー、松井秀喜の成功

巨人からアメリカ大リーグのヤンキースに移籍した松井秀喜が1年目から活躍。 松井は、2002年巨人の選手として最後の年に自己初の50本塁打をマーク。 3月31日の開幕戦で初打席初安...

平成の大横綱 貴乃花の引退

横綱貴乃花の最後は、最後の最後まで劇的だった。 2001年の5月、夏場所千秋楽に右ひざの大怪我を抱えながらの強行出場。 歩くことすらままならぬ状態で土俵に上がり、武蔵丸を上手...

モンゴル出身横綱 朝青龍の誕生

モンゴル出身の朝青龍(本名:ドルゴルスレン・ダグワドルジ)は2002年九州場所、03年初場所といずれも大関で14勝1敗の成績で、2場所連続優勝を遂げた。 この間、横綱の武蔵丸の休...

北島康介が世界新記録で平泳ぎ2冠

北島康介が100メートル決勝でマークした59秒78、200メートル決勝での2分9秒42は、いずれも見事な世界新記録だ。五輪、世界選手権を通じ、1大会で2種目を制したのは1975年世界選...

日本選手の活躍に沸いた世界陸上

2003年8月にパリで行われた世界選手権で、日本は過去最多のメダル4個を獲得。 日本勢はまず、男子ハンマー投げで室伏広治が銅メダルを獲得。 前回の大会でも銀メダルを獲得していた...

波乱続いた男子ゴルフ

タイガー・ウッズが圧倒的な強さを見せつけていた男子ゴルフ界に異変が起きた。 2000年から2002年までのメジャー12大会のうち、半分の6大会に勝っていたウッズが 2003年のメジ...

W杯出場目指すジーコジャパン

サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会出場権をかけてアジア予選が2004年から始まる。日本の初戦は2月18日。3大会連続出場を果たすべく、ジーコ監督は着々と準備を進めて...

阪神、18年ぶりリーグ制覇

2003年のプロ野球セントラル・リーグは阪神タイガースが1985年以来18年ぶりにリーグを制覇した。星野監督が万年Bクラスのようだった阪神タイガースを立て直したのだ。就任一年目...